Top_Picture

高度試作加工センター

業 務

    高度試作加工センターは、以下の業務を行っています。

    1. 学内からの製作依頼
    2. 学生実習
    3. 工作機械の維持管理
    4. 製作に関する技術的な相談
    5. 学生のものづくりに対する安全教育
     

年間予定

  • 前期(4月〜7月)
    • 機械工作実習(対象: 理工学部 システム創成工学科 機械科学コース 一年次)
    • 以下のテーマについて実習を行っております。

      実習項目 内 容
      旋盤加工 丸棒を旋盤とダイスを使用して、文鎮取手を製作します。
      フライス加工 丸棒をフライス盤とボール盤により加工し、文鎮本体を製作します。
      数値制御工作機械 NCフライス盤を用いて、文字プレートを製作します。
      アーク溶接 アーク溶接の基本作業(突合せ/隅肉溶接)を行います。
      分解・組立 エンジン・電気自動車の分解および組立を行います。
    • ものづくり実習(対象: 農学部 農学生命課程 三年次)
    • 当センターでは、NCプログラミングの作成と実加工を担当しております。


  • 夏季休業期間(9月)
    • 安全講習会および工作機械操作講習会(対象: 全学教職員、学生)
    • 当センターを安全に利用していただけるように安全講習会を開催しております。

      講 習 内 容 時 間
      安全講習 2時間
      旋盤加工 3時間
      フライス加工 3時間
      手仕上げ 3時間

  • 後期(10月〜2月)
    • 設計製作実習(対象: 理工学部機械システム工学三年次)
    • 各テーマに沿った装置の製作支援を行っております。

    • 金型グランプリ
    • 岩手大学工学部付属金型技術センターと協力して製作支援を行っております。